【12.15更新】ライトサイド<光>を体感せよ!「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」4DX版の演出効果を公開!

全米興行収入歴代No.1を記録した「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のその後を描いた“衝撃”の最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が、いよいよ12月15日(金)より公開!待望の最新作に全世界の注目が集まる中、体感型アトラクションシアター4DXでは演出効果の一部を公開します。

4DXは映画のシーンに合わせて座席が前後・左右・上下に動き、ヴァイブレーションでリアルな衝撃を演出。また特殊効果として、顔や体に降りかかる<ミスト>、硝煙や霧をイメージさせるリアルな<煙>、劇場内に瞬く鮮烈な<閃光(フラッシュ)>、映画のシーンを盛り上げる<香り>などがあり、まるで物語の中にいるような映画体験を楽しむことができます。

前作の「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」は4DX興行歴代No.1を記録。宇宙空間を舞台に繰り広げられる冒険やライトセーバーでの戦いを体感しようと観客が詰めかけました。
そして『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』では「光か、闇か…」というキャッチコピーが印象的ですが、4DXオリジナルバージョンとして制作された本作では、その<ライトサイド(光)>に焦点を当てた4D演出を体感することができます。
具体的には当該作品で、ライトサイド側の登場人物たちの動きや感情に合わせて座席が動き、風・水・香りなどの特殊効果が稼働します。特にライトセーバーで激しいバトルを繰り広げるシーンや、レジスタンス勢力によるダイナミックな宇宙戦闘シーンなどでは、まるで彼らと一緒に映画の中にいるような感覚を楽しむことができます。

光と闇の間で揺れ動くレイとカイロ・レン、そして“伝説のジェダイ”ルーク・スカイウォーカーは、果たして<光>と<闇>どちらの存在になるのか?
ライトサイドに焦点を当てた4DXオリジナルバージョンで、それぞれの登場人物にどのような演出がされるのか、<光>と<闇>がテーマとなっているだけに、さらに作品を楽しむことができるアトラクションムービーとなっています。
4DXでしか体感できない、衝撃の結末をぜひお楽しみください。

Back to top