イップ・マン 完結

ブルース・リーがその生涯で唯一“師匠”と呼んだ詠春拳の達人イップ・マン。彼の半生を、今やハリウッドでも活躍するドニー・イェン主演で描き、アジアのみならず世界中に熱いファンを生み出したイップ・マンシリーズ。約10年にわたる感動のシリーズがついに完結する。1964年、サンフランシスコに渡った詠春拳の達人イップ・マン。彼は、弟子ブルース・リーとの再会や太極拳の達人ワンとの対立を経て、アメリカという異郷に生きる人々が直面する厳しい現実を知る。やがて中国武術を敵視する海兵隊軍曹バートンとの激闘の果てにワンが倒れたとき、イップ・マンは宣告された病を隠し、人々の誇り・未来のために立ち上がる。香港に残して来た息子にある思いを伝えた彼は、ただ一人、最後の闘いへ進みゆく―。監督は、アクションとドラマの感情表現の両方に手腕を発揮、シリーズ全作を成功に導いたウィルソン・イップ。音楽は、シリーズ全作品を手掛け、心に残るあのテーマ曲を生み出した川井憲次が続投する。中国で公開されるや初登場1位を記録、シリーズ最大の世界興行収入を叩き出した『イップ・マン 完結』が満を持して日本に上陸する。
[葉問4完結篇/2019年/香港/105分/DCP]

Back to top