ドリーミング村上春樹

村上春樹作品の翻訳を手がけるデンマーク人翻訳家に迫ったドキュメンタリー。村上春樹の翻訳家のメッテ・ホルムは1995年、「ノルウェイの森」と出会って以来、20年以上村上春樹の作品をデンマーク語に翻訳してきた。村上春樹の作品はこれまで世界50言語に翻訳されてきたが、そのほとんどが英語からの翻訳であり、メッテのように日本語から直接翻訳することは珍しかった。現実と空想の世界が重なり合う村上春樹の世界観は、翻訳家によって解釈が異なる。メッテは世界中の翻訳家たちと議論を重ね、理解を深めるため日本を訪れる。村上の故郷芦屋を歩き、小説の舞台となる地を巡る。メッテを追うカメラは、次第に村上春樹の小説に描かれている平行世界を描写する。作中では2016年、村上春樹がアンデルセン文学賞を受賞し、デンマークを訪れ王立図書館でメッテと対談する瞬間と、同時期にメッテが村上春樹のデビュー小説「風の歌を聴け」を翻訳する貴重な姿を追う。村上春樹作家活動40周年に贈る特別なドキュメンタリー。
[Dreaming Murakami/2017年/デンマーク/60分/DCP]

Back to top