ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ

質素な生活ぶりから“世界でいちばん貧しい大統領”として知られる、第40代ウルグアイ大統領ホセ・ムヒカ。彼と日本との知られざる関係を描いたドキュメンタリー。2010年から5年間、南米の小国ウルグアイの大統領を務めたホセ・ムヒカ。2012年、リオデジャネイロで開かれた国連会議にて、現代の消費社会を痛烈に批判し、その感動的なスピーチ動画が瞬く間に世界中で話題になったことで、田部井監督は当時ディレクターを務めていたテレビ番組で彼を取り上げることになる。ウルグアイへ渡った監督はそこで一度も日本を訪れたことのないムヒカが、日本の歴史や文化にとても詳しく、尊敬していることに驚かされる。なぜ、ムヒカは日本のことをよく知っているのか?その後もその疑問の答えを突き止める為に監督は何度もウルグアイへと渡り、大統領退任後のムヒカへの取材を重ねる。ムヒカの言葉に心を動かされた監督は多くの日本人にムヒカの言葉を聞いてほしいと願うようになり、ムヒカ自身も訪日を熱望。絵本の出版社の協力を得て、彼の来日が実現する―。日本人と深い縁で結ばれたムヒカ大統領の人生を温かく見つめた感動の物語。
[ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ/2020年/日本/98分/DCP]

Back to top