“光か、闇か…”話題沸騰中の衝撃を体感せよ!4DX®で1/5(金)よりダークサイド(闇)バージョン上映決定!

新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が、ついに全世界公開。日本では12月14日(木)~17日(日)までのわずか4日間で早くも累計観客動員は100万人を突破!「シリーズ最高傑作」との呼び声も高く、作品への高い評価も話題となっています。

 


(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
ダークサイドを全身で体感できる!?特別な上映形式の緊急追加公開が決定しました。現在上映中の[ライトサイド(光)バージョン]に加え、新たな演出で構成された[ダークサイド(闇)バージョン]の上映が決定。全世界に先駆け日本が最速公開となる新バージョンは1月5日(金)より当劇場でも4DX®シアターで限定公開となります。

 

現在4DX®にて上映中の通常版となる[ライトサイド(光)バージョン]では、ライトサイド側の登場人物たちの動きや感情に合わせて座席が動き、風・水・香りなどの特殊効果が連動。ライトセーバーで激しいバトルを繰り広げるシーンや、レジスタンス勢力による地上そして宇宙空間を舞台にした戦闘シーンなど、まるで彼らと共に銀河系にいるような臨場感で映画を楽しむ事ができることから圧倒的な人気を誇っています。今回発表になった[ダークサイド(闇)バージョン]は、真逆の存在、ファースト・オーダーやストームトルーパーといったダークサイド側の登場人物たちの動きや感情に併せた特殊効果が稼働。両サイドの演出を体感するとレイ、カイロ・レン、ルーク・スカイウォーカーといった主要な登場人物たちが向かう先はライトサイド(光)なのか、それともダークサイド(闇)に飲み込まれてしまうのか?『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の全てが体感できる特別な上映となっています。

 

2種類の4D演出に関して

■[ライトサイド(光)バージョン] ※上映中
“光”に焦点を当て、ライトサイド側の登場人物たちの動きや感情に合わせた4D演出が楽しめます。ライトセーバーでのバトルシーンやレジスタンス勢力による宇宙戦闘シーンでは、まるで彼らと一緒に戦っているような感覚を味わえます。
例:Xウィングのアクションシーンの効果をより激しく感じられ、BB-8、チューバッカらの動きはライトサイドバージョンのみの演出。

 

■[ダークサイド(闇)バージョン] ※2018年1月5日(金)より上映
“闇”に焦点を当て、ダークサイド側の登場人物たちの動きや感情に合わせた激しい4D演出が体感できます。ファースト・オーダーやストームトルーパー軍の激しいバトルや、スノークらが操る暗黒面のフォースを感じてください。
例:ストームトルーパーの進軍シーンやBB-9Eの動きに合わせた効果はダークサイドバージョンのみの演出。また、ライトサイドバージョンよりも香りの効果が多様に使用されているのも特徴。

1/5~1/12の期間中は、
初回上映→ライトサイドバージョン
2回目上映→ダークサイドバージョン

の順番で上映いたします。

 

さらに!

大ヒット公開を記念して4DX版鑑賞者に先着で週替わり4DX限定ポストカードをプレゼント

※ライトサイドバージョン、ダークサイドバージョンに関係なく、1/5(金)より4DX版鑑賞者に先着で入場時配布となります。

※数量限定の為、なくなり次第終了となります。

 

1/5(金)~

★第一週目 レイ

 

1/12(金)~

★第二週目 カイロ・レン

 


 

1/19(金)~

★第三週目 ルーク・スカイウォーカー

Back to top