帰ってきたムッソリーニ

1945年に銃殺刑となったはずの独裁者ベニート・ムッソリーニが現代のローマに現れる。彼を偶然撮影していた売れない映像作家アンドレアは、ドキュメンタリー映画を制作しようと思い立ち、彼と2人でイタリア全土を旅する撮影旅行に出る。行く先々で人々は単なる「そっくりさん」だと思って面白がるが、そんなムッソリーニの「人気」が徐々に高まっていくと、ムッソリーニは再びイタリアを支配しようと考え始める。

Back to top