私のちいさなお葬式

突然余命わずかと告げられた73歳の女性が、自分の〈お葬式計画〉に奮闘する姿を描いたドラマ。村にひとつしかない学校で教職をまっとうし、定年後は慎ましい年金暮らしを送っている73歳のエレーナ。ある日彼女は病院で突然の余命宣告を受けてしまう。5年に1度しか顔を見せないひとり息子オレクを心から愛しているエレーナは、都会で仕事に大忙しの彼に迷惑をかけまいと、秘密のお葬式計画を開始する。彼女の願いは、お葬式に必要な棺や料理の手配を済ませ、夫が眠るお墓の隣に埋葬されること。遺体安置所や葬式屋を訪ねて回ったエレーナは、親友である隣人リューダや元教え子らの助けも得て準備を整えていくが、いざあの世へ旅立とうとする最終章で想定外の事態が持ち上がり―。モスクワ国際映画祭やウラジオストク国際映画祭で上映され、観客賞を受賞。ロシアの名優が贈る、笑って泣けてやさしさに包まれる物語。監督はウラジーミル・コット。
[Karp otmorozhennyy/2017年/ロシア/100分/DCP]

Back to top