誰もがそれを知っている

『別離』『セールスマン』で2度のアカデミー賞に輝くイランの名匠アスガー・ファルハディが、実生活は夫婦でもあるスター俳優ペネロペ・クルスとハビエル・バルデムを主人公に当て書きして脚本を完成させた、オール・スペインロケのヒューマン・サスペンス。アルゼンチンに暮らすラウラは、妹の結婚式のため故郷スペインに帰省しワイン業を営む幼なじみのパコや家族との再開を果たす。しかしその喜びもつかの間、結婚式の後に催されたパーティーのさなか、ラウラの娘イレーネが失踪。まもなく何者かから巨額の身代金を要求するメッセージが届き、ラウラは絶望のどん底に突き落とされる。パコは時間稼ぎに奔走し、ラウラの夫もアルゼンチンから駆けつけるが、疑心暗鬼に陥った家族の内に長年隠されていた秘密が露わになっていく――。アスガー・ファルハディ監督が、15年前にスペイン旅行で目にした行方不明の子供の写真をきっかけに、長年構想を練り続けた野心作。第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品。
[Todos lo saben/2018年/スペイン・フランス・イタリア合作/133分/DCP]

Back to top